企画室

ヤマトタケル

こんにちは、企画室の大石です。

 

毎日暑いですね、

みなさん熱中症にはお気をつけください。

 

そんな暑さ続く中、先週の土曜日はとても涼しい一日でした。

私はその日仕事をお休みさせてもらって東京に行ってきました。

 

 

こちら、新橋演舞場。

そう、歌舞伎を観に行ってきました。

 

これは住宅設備機器のTOKAIさんが組んでくださった観劇ツアーだったのですが、

人材育成委員会の方がいろいろとセッティングをしてくださり、観に行くことができました。

 

 

社長のブログにも“委員会”という言葉が時々出てきます。

 

人材育成委員会もその中のひとつで、社員のスキルアップのために活動する委員会です。

 

その一環として、今回の観劇ツアー参加を全社員に募ってくれました。

 

 

 

 

歌舞伎・・・興味はあるけどやはり敷居の高いものと思っていた私でした。

自分ではなかなかチケットも取れないし、これはダメ本で応募してみよう!と思い名乗りをあげたら、なんと!

参加できることになりました♪

 

他の住宅会社さんと一緒にバスに乗って出発です。

 

新橋演舞場に着くと、そこには着物をきた方やセレブそうな大人たちがたくさん!

 

座席は2階席の正面あたりでした。

 

 

 

まず初めに市川猿之助さんと市川中車さんの口上から。

真っ暗な舞台の中、ふたりだけに当てられるスポットライト。

それだけでも素敵な演出でした。

 

 

 

口上が終わるとこの幕が降りてきました。

二代目、三代目、四代目の市川猿之助の隈取りを重ねたデザイン。

 

福山雅治さんからのプレゼントだそうです。

それだけでミーハーな私は大興奮。

この幕デザインの手拭いがあったらぜひとも購入したかったです。

 

 

 

 

そして休憩を何回かはさんでスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」の上演です。

 

古典の歌舞伎に比べてとってもわかりやすかったスーパー歌舞伎。

長時間の公演でしたが、最初から最後までとっても楽しく観劇することができました。

 

 

 

 

そしてお昼休憩にはお弁当。

これが本当の幕の内弁当ですね!

おいしくいただきました。

 

 

 

 

口上の中で猿之助さんが「舞台はライブです。」とおっしゃっていました。

本当にそうですね、舞台上で演じている歌舞伎役者さんと、

それを観るお客さんの拍手や「澤瀉屋!」という掛け声が一体となってひとつの歌舞伎が出来上がっていくのを感じました。

とても良い経験ができました。

 

 

 

今回の観劇ツアー参加を社員に募ってくれた下田社長、

そのために動いてくださった人材育成委員会のみなさん、

ありがとうございました。

 

そしてTOKAIさん、本当にお世話になりました。

すっかり歌舞伎ファンになってしまった大石でした。

 

 

 

 

 

↑一緒に口上してきました。         ↑新橋に静鉄バス来たる。

 

 

 

★今週末のイベント情報★
葵区川合「2世帯住宅 完成見学会」 詳しくはコチラ

カテゴリー: 企画室 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>