キッチン

夢を叶えるキッチンリフォーム

リフォームならライフスタイルに合わせて 理想のキッチン空間が実現できます。

使い勝手が悪く、暗いダイニングキッチン。
  • キッチンが古く汚れも目立つ。
  • キッチンの設備が使いづらい。
  • 収納が足りず、片付かない。
  • 北側で窓も小さく暗い。

1キッチンのサイズ・レイアウトはそのままで、
明るく機能的変身

  • 収納しやすく、おしゃれなスライドタイプのシステムキッチン。
  • ハンドタッチシャワー水栓、サイクロンフードなどの便利設備で作業性が向上。
  • 食品のストックや食器収納に便利なスライドストッカー。
  • 窓際から光を取り込みながら、アイレベル収納で空間を便利に活用。
  • モダンで清掃性のいい内装材。

2作業スペース広がるL型レイアウトに。
キッチンワークの効率アップ。

  • 小物収納も充実したスライドタイプのL型システムキッチン。
  • 奥までスムーズに引き出せる、大容量の食器洗い乾燥機搭載で作業効率アップ。
  • たっぷり収納できる大型の収納ユニット。
  • 採光、通風効果の高い勝手口、横すべり出し窓を取付。
  • ネイビーブルーのキッチンとマッチするシックなカラーの内装材。


閉塞感のある独立キッチンとリビングダイニング。
  • 独立型でLDの様子がわかりにくい。
  • 配膳や後片付けが不便。
  • キッチンが古く、使いづらい。
  • 窓も小さく、キッチンが暗い。

1ワイドカウンターのオープン対面キッチン。
家族との会話弾みそう

  • ワイドカウンターで、イスを並べると朝食やお茶が楽しめ、配膳にも便利な対面キッチン。
  • 対面キッチンをすっきり見せる小物収納や機能的な設備が充実。
  • 収納量たっぷり、カウンターや家電収納も組み込まれた壁面収納。
  • 採光、通風を考えた勝手口ドア。家事効率もアップ。
  • キッチンとLDの間の壁を取り除き広いLDKに。

2収納力を確保しながら
ダイニングとつながる造作対面キッチン。

  • キッチン部分はしっかりと目隠しできて、収納もたっぷり。
  • 作業効率が良い、セミクローズド型。
  • 大容量の食器洗い乾燥機とスペース広々で使い勝手の良い立体収納。
  • 一つの窓で給気・排気ができる採風段窓。
  • キッチンとLDをゆるやかにつなげるI型造作対面プラン。


狭く使いにくいダイニングキッチンとリビングルーム。
  • キッチンが古く、汚れも気になる。
  • キッチンの収納、設備が使いにくい。
  • ダイニングが狭く移動しにくい。
  • 家電品、ゴミ箱など置くスペースがない。

1みんなで囲めるオープン対面型キッチンで
解放感のあるLDK。

  • ダイニング側は収納タイプの対面型キッチン。大勢でも効率良く作業できる上、機能も充実。
  • キッチン背面のカウンター収納は、家電やゴミワゴンが収納できるので、キッチンはスッキリ。
  • ダイニングキッチンとリビングの間の壁を取り除き、広いLDKに。内装も明るく変更。
  • 採光、換気ができるスッキリとしたデザインの勝手口ドア。

2ダイニングとの一体感とキッチンの作業性
収納力を両立した対面プラン。

  • ダイニングから直接シンクが見えないスマートステップ対面キッチン。設備、収納も充実。トリプルIHクッキングヒーターで調理も快適。
  • 家電品がすっきりと納まる壁面収納。
  • 作業性を考えた壁面収納。食品のストック、食器がたっぷり収納でき、大勢の来客でも安心。
  • ダイニングキッチンとリビングの間の壁を取り除き広いLDKに。内装も明るく変更。
よくある質問

キッチンリフォームの工事期間はどのくらい?

キッチンの位置を変えずにキッチンを取り換える場合、既存キッチンの解体・撤去に1日、下地補修・給排水工事で3日、機器の取付・調整で2日かかるとして約6日前後です。キッチンのレイアウトを変更する場合は、壁の撤去・新設、下地補修、内装工事などの日数がプラスされ約2~3週間となります。
いずれにしても工事内容によりかかる日数は大きく異なります。

キッチンリフォームの費用は?

例えば間口255mのベーシックなI型キッチンを同じ位置で取替える場合、60万円くらいからとなりますが、あくまでも目安。扉やカウンターのグレードを上げるだけでも数万円~数十万円アップしますし、食洗機などの設備を追加すれば工事費も高くなります。その他L型、ペニンシュラ型などへのレイアウト変更の場合、キッチン本体の価格アッププラス壁の補修などの工事費、内装工事費がかかります。

キッチン選びのポイントは?

キッチンは、まずライフスタイルに合わせてスタイルやレイアウトを決めます。スタイルが決まったらインテリアに合わせて扉やカウンターの色を選びましょう。必要に応じて食器洗い乾燥機やIHクッキングヒーターなどの機器をプラスして。予算オーバーにならないよう欲しい設備に優先順位をつけておくといいでしょう。「収納」「清掃性」「使い勝手」もポイント。ショールームで実物を確認されることをおすすめします。

追加費用がかかる場合がありますか?

基本的には契約いただいた金額で行いますが、水廻り工事の場合、解体後既存部分の痛みがひどく工事範囲が拡がるといった場合が考えられます。その場合は、必ず事前に再度お見積りを提出、ご確認いただいた後で施工いたします。工事途中で工事内容の変更などがあった場合も同様です。

キッチンの位置は変更できますか?

キッチンの位置は変更できますが、プラス費用がかかります。例えば、壁付けから対面に変える場合、給排水の移動や換気ダクトの新設で工事費が割高に。また、既存キッチン撤去後の床、壁の補修工事がかかり、プランによっては壁の撤去・新設工事やフローリング、グロスなどの内装工事が必要になります。その場合構造上の問題も考慮しなければなりません。

ガスコンロをIHクッキングヒーターに変更できますか?

IHクッキングヒーターは、システムキッチンのガスコンロと同じ幅の約60cmなので、ほとんどのキッチンに対応でき、コンロのみの取替で簡単に設置できます。またシステムキッチンでない場合でも据え付けタイプのIHクッキングヒーターを置くだけでOKです。導入に当たっては専用の200V回線(回路)が必要です。単相3線式への配線方式変更や電盤の取替えなど、お客様の設備の状況により工事費は異なります。
※上記の工事期間・費用は、お住まいの状況により異なります。詳しくはご相談下さい。

リフォームの流れ

お問い合わせ・資料請求はこちら