パッシブ@2050・住宅展示場はこちら

静鉄ホームズが提唱するこれからの住まいの3要素

高耐震住宅×高耐久住宅

パッシブ@2050は2×6工法を採用し耐震性能では最高ランクの『3』を取得。建築基準法で定める耐震性能の1.5倍以上の強さを誇ります。また、耐久性能においても長期優良住宅に必要な条件をすべてクリアし、長寿命住宅として安心してお住まいいただけます。

健康住宅×自然素材

高気密・高断熱は健康住宅に必須な要素。居室と廊下やトイレなどの温度差が少ない快適な住まいをご提供。また自然素材は、見た目だけでなく、有害な科学物質などを含まない、安全な建材で、室内空気を汚さず、健康住宅にとっても必要なことです。

パッシブデザイン×光熱費ゼロ

パッシブデザインとは、自然エネルギー(光、熱、風など)を上手に活用しながら省エネをはかり、機械設備に頼り過ぎないで快適な室内を実現する考え方です。また太陽光発電を利用、魔法瓶のような家にすることでエネルギーロスをなくし、光熱費ゼロをめざします。

[パッシブ@2050]仕様&性能Q値:1.6w/m2k C値:0.98cm2/m2

耐震構造:断熱構造

柱に相当するスタッドが通常のサイズの1.57倍(断面積比)となっており、地震や風圧に対しても抜群の強度を発揮します。また、その厚み(140mm)を利用して高性能グラスウールを充填することで、Q値1.55w/m2kを実現します。この性能は次世代省エネ基準の北海道並みの性能を持たせることができます。

断面積比1:1.57倍。断熱材の厚み55mm:140mm

サーモスクリーン

サーモスクリーン【耐熱ブラインド】

形状がハチの巣状になっており、中の空気が封印されていることで、断熱効果が得られます。

環境先進大国ドイツ スティーベル社製
顕熱交換換気システム

環境大国と知られるドイツのスティーベル社の「顕熱交換率90%エコすぎるエコ」と称される第一種顕熱交換式換気システムは、エコ住宅に数多く採用されている優れた換気システムです。住まい全体を一か所で集中管理していますので、家中の空気の温度が平均化され、部屋ごとの気温の差が少ない環境を作っています。

換気システム本体/熱交換率90%システム図

高効率エアコン

高効率エアコン(4.0kw)

消費電力が少なく、大きな能力を発揮できる高効率エアコン。これらはAPF値といって、投入エネルギーと出力エネルギーとの比率で表します。現在生産されている中でも、最もAPF値の高い機種を選定。これにより小(省)エネを図ります。

オール樹脂サッシ

アルゴンガス入りLow-Eベアガラスとの組み合わせで、開口部からの熱の放出をガッチリ守ります。アルゴンガスは、空気よりも熱伝導率が低いので、更に断熱効果を発揮します。樹脂製サッシも結露が起きにくく、また、アルミに比べて格段の断熱性能があります。

オール樹脂/Low-Eベアガラスアルゴンガス入り

機密測定

機密測定(実施)

C値とは、隙間相当面積のことです。家全体の床、壁、屋根などには少なからず隙間があります。この隙間は何でもないように見えますが、実は健康と大きな関係がある事が分かっています。この隙間を1cm2/m2以下に抑え、冷暖房効果の促進と健康住宅への寄与に大きな効果をもたらします。

環境先進大国ドイツ スティーベル社製
微熱暖房機(7kw)

環境大国と知られるドイツのスティーベル社が開発した「レンガに熱を蓄える蓄熱暖房器」は、現在もっとも快適といわれる暖房器の代名詞となっています。レンガから放出される熱は柔らかく、快適な室内暖房器としてお勧めです。

足元から暖める微熱暖房機/内部構造イラスト

太陽光発電搭載

太陽光発電搭載(3.5kw)相当

1等・2等共通
シャープ製の太陽光パネルは、開発から50年以上が経過し、住宅のみならず灯台や人口衛星、メガソーラー発電などに使われ、世界からも信用のあるメーカーの製品です。

パッシブ@2050は、9タイプのデザインからのお選びいただけます。

  • サーファーズハウス
  • 明日家
  • キャンバス
  • フレンティーク
  • オーセント
  • パレット
  • アース
  • ルシード
  • プラージュ
  • パッシブ@2050
  • ZEH