劇的ビフォーアフター『山奥のポツンと一軒家の古民家再生のメイキングリポート』◆エピソードIV◆

お知らせスタッフブログ

◆エピソードⅠ◆
《途方もない仕事・ゴールが見えずに手探りスタート》
◆エピソードⅡ◆
《匠の挑戦とS家の想いに・一流の監督と職人を人選・そして社員総動員》
◆エピソードⅢ◆
《TVではやらなかった『大工の伝統技術・耐震補強(床補強・柱補強)》
◆エピソードIV◆
《実は外壁の改修もやったんです》 ←イマココ
◆エピソードV◆
《最終章 足湯棟とインテリア飾り付け》

 

 

実は外壁の改修もやりました

今回の大改造ではTVではやらなかったですが外壁の改修もやってます。

東西の妻壁(屋根の三角となる部分の壁です)

雨漏りの原因となる妻壁を改修し外観の見た目も生まれ変わりお洒落な外観になりました。

ここにも結構斬新なアイデアと手間暇がかかっていますのでご紹介いたします。

 

作業用の仮設足場が持ち込めないため仮設のステージを作り安全を確保

S家のストック材の杉板を利用しお洒落なシェイク張り(乱尺こけら葺き)にて再生
※このシェイク張りも匠のイメージに合うまで何回か張り直しを行いようやく施工完成

 

完成写真

室内の明り取りの為新規に木製の格子と強化ガラス窓を取り付け
建物の古さと調和させる為黒の塗装を施しお洒落な外観に蘇る

 

TVではすべてカットされましたが

匠より外壁の壁を再生する指示があった時には高所作業を安全に行うために足場を組まなければならないが、足場の運搬が困難で費用的にもかなり負担が発生するので悩んだ結果現場の材料でステージを架設したことや、外壁材の杉板シェイク張りという斬新で想像力が必要な張り方に苦労をしました。

しかし出来上がってみると大変趣のあるお洒落な雰囲気に再生されて当社としても遣り甲斐がありました。

匠の発想力のすばらしさがここでも発揮されていました。

 

リフォームの匠、松永務さんのブログでも紹介されていますので、こちらもご覧ください😊👍
ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記
「ポツンと一軒家・大改造!! 劇的ビフォーアフター番外編3妻壁再生」
https://atelier-m-architects.at.webry.info/202004/article_5.html

 

 

 

エピソードV へ続く(近日公開!!お楽しみに~^^)

 

 

「大改造!!劇的ビフォーアフター」現場スタッフのブログ《目次》へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加