和室を洋室へ

  • リフォームパック
和室を洋室へ

和室を洋室(寝室)へリフォーム

寝室として使用している古い和室。
  • 寝室として使いづらい。
  • 衣服の収納スペースがない。
  • 内装が古くなり暗い印象。
  • 出入り口が襖なので音が気になる。

1ウィークインクローゼット&ミニ書斎で収納充実。
落ち着いた雰囲気の寝室。

  • 押入、床の間を解体し、フローリング貼りの洋室に変更。
  • 収納力のあるウォークインクローゼットで、洋服から小物まですっきり納まります。
  • コーナーにミニ書斎をプラス。おしゃれな壁面収納です。
  • 建具、造作材までシックな木目柄でコーディネート。

2多目的に使える畳コーナーが便利。
バリアフリーも考慮した和モダンスタイル。

  • 押入、床の間を解体し、フローリング貼りの洋室に変更。
  • 収納力があり、書斎として使ったり、上がってくつろぐこともできる畳コーナー。
  • 省スペースで使いやすい、3枚引き戸のクローゼット。
  • ブラケット、ダウンライトで、寝室のくつろぎ感を演出。
寝室リフォームのポイント

室内の環境

ぐっすり眠るために、静かで快適な環境づくりが大切です。まずは防音対策をしっかりと。内窓を取付けした二重窓、断熱サッシがおすすめです。防音だけでなく断熱効果もアップするので、適度な室温に保つ効果もあります。他に雨戸や厚手の力一デンの設置も効果的です。照明は、光が柔らかい光源が最適。手元で操作できるリモコン式は便利ですし、調光機能付きなら寝室の雰囲気づくりに役立ちます。スタンドやフットライトなどの間接照明も有効です。上手に取り入れてくつろぎの寝室をつくりましょう。

内装材

内装材は、全体的に落ち着いた色調で統ーすると良いでしょう。調湿効果のある壁材や無垢フローリング、ウールのカーペットなどは、空気環境を整えてくれるのでおすすめです。

プラスαのスペースを

寝室は、ただ眠るだけのスペースではなく、夫婦や目分だけの時間を楽しむプライベートな空間でもあります。おやすみ前のひととき音楽を楽しんだり、読書をしたりとゆとりの時間を過ごす為のスペースを作ってみては。コンパクトなソファを置いたり、カウンターを取り付けした書斎コーナーも素敵です。また、収納はウォークインクローゼットがおすすめ。収納力があるので、いつもすっきりとした寝室をキープできます。


ドレッシングスペースとウォークインクローゼットのある、明るく上品な寝室。
永大彦美
アーパンモード
オープンウォール

子供部屋

寝室はもちろん、勉強や遊びなど子供にとって生活の中心となる子供部屋。自然光がたっぷり入って風通しのよい健康な空間づくりを心掛けましょう。本、洋服、おもちゃなど増えるばかりのモノをしっかり収納できるよう余裕のある収納プランをたてることも大切です。また、子供達の成長に合わせてレイアウトが変えられるような可変性も考えておくことが必要です。


ひとつの部屋の空間レイアウトを、区切る、分割するなど変更することができる可動間仕切り収納。
住友林業クレスト
アルクローゼット

よくある質問

内装をリフォームする場合の工事期間、費用はどのくらい?

例えば、6畳の洋室の天井・壁をビニールクロス、床をカーペットから複合フローリングに貼り替えた場合は3~5日程度で、費用は12万円くらいからとなりますが、あくまでも目安。ドアや窓のレイアウトでクロスの面積も異なりますし、造作材やドアの交換の有無、使う素材のグレードによっても費用は違ってきます。

間取りの変更は自由にできますか?

戸建ての場合、構造によって間取り変更の自由度は異なります。一般的な在来工法では、柱と梁で支える構造の為、建物を支える柱は移動できませんが、間仕切り壁は移動できる為、比較的容易に間取りの変更が可能です。逆に2×4工法のように面で支える構造の場合は、間取り変更にも制限がでてきます。いずれにしても、間取りを変更する場合は、建物の強度を考慮する必要があります。

リビング・寝室の収納のポイントは?

人が集まるリビングには、AV機器、本・DVD、雑貨など色々なモノの収納が必要です。おすすめは、パーツを組み合わせてつくるシステム収納。空間にすっきり納まる上、インテリアとしても統一がとれます。寝室の場合は、衣類や寝具が納まるクローゼットを。特に収納力があるウォークインタイプが便利です。他に、本や趣味用品を置くスペースとして、ベッドの近くに収納を設けておくと良いでしよう。

自然素材の内装に変更したいのですが。気をつける点は?

無垢の木や塗り壁、和紙などさまざまな種類がありますが、それぞれの素材の特性を知った上で選ぶことが大切です。例えば、代表的な無垢のフローリングは経年変化による色の変化や、材が伸縮することで溝が大きくなったりすることがありますし、塗り壁の場合は小さなひびが入ったりといった現象も起こります。新建材に比べると、清掃やワックス掛けといった日常のお手入れが必要になることは、知っておいて下さい。

床暖房にしたいのですが。ガスと電気はどちらがいい?

リフォームでは、熱源とフローリングが一体化した電気式床暖房が施工も容易で多く使われています。ヒーターで温める方式で、部分的な暖房に適しています。電気式に比べ、部屋数が多く面積が広い場合は、ガス温水式床暖房がラン二ングコスト面では割安ですが、配管施工、熱源機の設置費用など工事費は割高となります。床暖房を設置する部屋数や広さに合わせて検討しましょう。

結露、カビが気になります。何か対策はありますか?

結露は温度と湿度のバランスで起きる現象で、室内と室外の温度差が大きいほど起きやすく、カビ・ダ二の原因にも。結露を防止するには、①まずはしっかり換気する、②窓を複層ガラスにしたり内窓を付けたりして断熱性を高める、③調湿効果のある内装材を使う、といったことが対策としてあげられます。いずれにしても、一度住まい方を見直して、効果的な方法を選ぶことが大切です。

リフォームの流れ

お問い合わせ・資料請求はこちら