「経営計画手帳」と「事業計画資料」

第35期は新たな取り組みとして

手帳型の「経営計画書」と全事業計画数値目標(スコアボード)「事業計画資料」

以上の2つの道具を使う事となりました。

 

「経営計画書」はこれまでも7年間作ってきましたが

手帳型ではなくノート型、常に持ち歩くことができませんでした。

そこで今年からは大切な経営計画と数値目標を抜粋して手帳にまとめました。

 

また手帳には経営方針や決め事考え方をはじめ、

就業規則などの行動するための規定などもまとめてあります。

 

また、事業計画書には全社の目標、各部門の目標、

達成するための施策実施内容など

計画と実績を記入できるようになっていて

常に自分の計画書でチェックできるようになっています。

 

この事業計画資料には実行計画シート、誰がいつ何をどのように

5W1Hがぎっちり詰まっていて計画達成に為のレシピとなっています。

 

今年一年はこの2つの道具を使いこなし更なる発展のために

全社員で頑張って行きたいと思います。

 

手帳 1

手帳型経営計画書

手帳 2

長期事業計画構想(5年後までの方向性が年次でまとめてある)

手帳 4

全社事業計画総計

全部門の今期の計画数値がまとめられています

 

手帳 5

最終14ページに渡り、今期1年分のスケジュール(会議、イベント、研修予定が網羅)

これにより全社員が各部門のスケジュールが一目瞭然

手帳 6

A4版のノート型事業計画資料

全社員が一冊づつ持っています

手帳 7

中の1ページを抜粋

片瀬が目指す「トータルライフサポートカンパニー」の概念図

この目標に向かって一丸となり進んで行きたいと思います

手帳 8

実行計画シート

年間において5W1Hの実行計画が記されている

この計画書を作成するのには大変な労力と全社員の自部門への想いが

ぎっしり詰まっています。

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>